離婚は法律のプロに相談を

婦人

岡山で離婚する人は、弁護士に早めに依頼して介入してもらうと、スムーズかつ有利な解決をすることができます。また無料相談利用で、負担なく法的アドバイスをもらうことも可能です。弁護士を選ぶ際は、離婚問題に対する専門性が高く、自分との相性が合い信頼できることが、大切な条件となります。

もっと読む

借金問題に強い司法書士

書籍

借金問題の解決を図るには、借金問題に強い司法書士に仕事を依頼することが必要です。事務所によっては借金問題の解決を得意としており、特に過払い金請求については豊富な実績があります。プロに過払い金請求の代行を依頼すると、かなりの金額の過払い金が戻ってくる可能性が高いです。

もっと読む

難しい問題はプロに頼ろう

女性

離婚は結婚の数倍のエネルギーを消耗すると言われています。特に慰謝料や養育費は相場があやふやな為揉めることが多く、そのせいで離婚まで長い時間がかかることもあります。離婚専門の弁護士なら法律や判例を熟知しているので、とても頼れます。

もっと読む

不当な残業が続くのならば

男性

労働者の権利を

日本の労働環境を健全に維持するために、労働基準法が定められています。しかし、会社の中にはこうした労働基準法を守らず、会社の利益のために社員に不利な業務を強いているケースも存在します。そうした中でも多い案件は、サービス残業です。基本的に残業は、会社が賃金を支払わなければならないものです。しかし、タイムカードを押してから不当なサービス残業を強要するケースもあり、どうしたらよいか悩んでいる労働者も多いでしょう。そんな悩みを抱えている人は、専門の弁護士に相談すると問題解決への糸口が見つかる場合があります。こうした事例に経験豊富な専門の弁護士ならば、会社に対して残業代請求の訴訟を起こすことができます。また、そのために様々なサポートを受けることができて便利です。

有利に進行するには

残業代請求をする時には、証拠集めが重要になります。会社にタイムカードがある場合には明確ですが、こうした不当な残業が行われている現場では証拠にならないように細工されている可能性が高いものです。そんな時にも、その時間帯に勤務していた形跡となるメールの送受信やパソコンのログオフ時刻、入退出記録等から、専門の弁護士が証拠の糸口を見つけてくれるのが良いところです。残業代請求することによって、本来貰える賃金を受け取ることができますし、会社を健全な状態へと改善しやすくなって良いものです。個人と会社では、数の有利で怯んでしまいがちですが、確かな不正の証拠と専門の弁護士の力があれば、スムーズに対応することができます。不当な残業のことで悩んでいるのならば、専門の弁護士に相談して残業代をきちんと請求していきましょう。